「APEX PRO TKL」レビュー:はっきり言ってコスパ微妙。価格で迷っている方にはおすすめしません。

キーボード

SteelSeriesより2019年12月に満を持して発売された、ハイスペックゲーミングキーボード「APEX PRO TKL」を3か月ほど使用しましたのでレビューしていきたいと思います。

先に言うと、個人的にはかなり微妙なキーボードだと思っています。
高価なキーボードなので購入を迷っている方は参考にしていただければと思います。

製品スペック

キースイッチメカニカル (OmniPointメカニカルスイッチ)
かな印刷
アクチュエーションポイント0.4mm~3.6mm
押下圧45cN
スイッチ寿命/耐久1億プレス
サイズ/重量幅355.44mm×奥行139.26mm×高さ40.44(H)mm/771.1g
複数キー同時押しフルキーロールオーバー
USBハブ機能USBパススルーポート
ディスプレイ有機ELスマートディスプレイ
対応OSWindowsおよびMac OS X
このキーボードのわかりやすい特徴を赤字にしてみました

キースイッチについて

このキーボードの最大の特徴とも言える、SteelSeries独自開発のOmniPointメカニカルスイッチについて見ていきたいと思います。

OmniPointメカニカルスイッチはアクチュエーションポイント(キーを押した時にPCが認識する距離)を、
最短0.4mm~最長3.6mmまで、ユーザーの好みによって変更することができます。

この最短0.4mmというアクチュエーションポイントの浅さが、ほかのゲーミングキーボードのキースイッチと比較して、いかに突出しているか比較したいと思います。

スイッチ名APスイッチ寿命押下圧
OmniPointメカニカルスイッチ
(SteelSeries)
0.4mm~3.6mm1億プレス45g
リニアオプティカルスイッチ
(Razer)
1.0mm1億プレス40g
Cherry MX RED2.0 mm5,000万プレス
45g
Cherry MX Silver1.2mm5,000万プレス
45g

2018年くらいまではCherry MX Silver(銀軸)がアクチュエーションポイントの浅いキースイッチとして最も優秀かつスタンダードな存在だったと思いますが、
最近ではRazer独自開発のリニアオプティカルスイッチのように銀軸よりもアクチュエーションポイントの浅いキースイッチがどんどん出てくるようになってきました。

それでもSteelSeries(OmniPointメカニカルスイッチ)の0.4mm~3.6mmというアクチュエーションポイントの浅さは、異次元に浅くかつ可変ということで、間違いなく現行のゲーミングキーボードで採用されているスイッチの中では最もハイスペックなキースイッチであるといえます。

また耐久性も1億プレスとなっており、銀軸・赤軸の2倍の寿命を誇る点も単純にすごいと思いました。(語彙力)

一つ注意点としては、このOmniPointメカニカルスイッチAPEX PRO TKLのすべてのキーに採用されているわけではありません。

あくまで入力頻度の高いキーのみOmniPointメカニカルスイッチが採用されています

少し分かりづらいですが、キースイッチの色が違います。

APEX PRO TKLのコスパが悪いと思う理由

1.「反応点の浅さ」は明確なメリットとなるのか?

個人的にAPEX PROのコスパが悪いと判断する理由の一つは、既存のキースイッチと比較して「0.4mmという反応点の浅さは明確なメリットといえるのか?」と懐疑的であるから、です。

もちろん、機械的なスペックとしては反応点が浅いほうが、FPSやMOBAなどのゲームをプレイする上で、より高速な信号を送ることができるため優れているといえます。

ただ、私がPUBGを実際にこのキーボードを使用してプレイしている中では、この反応点の浅さによる恩恵を体感することができませんでした。

FPSをプレイするうえで、反応点の浅さが重要となり得そうなシーンを想定してみると
ストッピング」が例に上がると思います。

ここでは深く解説はしませんが、「ストッピング」とは一部のFPSゲームでは当たり前の技術とされており、銃を撃つ際にキャラクターの進行方向とは逆の方向にキー入力を行うことで、キャラを静止させ、より正確な射撃を行う技術です。

そこでより正確かつ高速なストッピングを求められる「CSGO」海外プロ(375名)の使用キーボードを確認してみました。(https://prosettings.net/)

順位キーボード名人数
1HyperX Alloy FPS50
2Xtrfy K2-RGB27
3HyperX Alloy FPS Pro19
4Logitech G Pro Mechanical Keyboard15
5Razer BlackWidow X Chroma ME15
6Logitech G51312
7HyperX Alloy Elite11
8Logitech G Pro X Mechanical Keyboard11
9Xtrfy K2-RGB White Edition11
10SteelSeries Apex M50010
11Razer BlackWidow Chroma TE V29
12SteelSeries 6Gv28
13SteelSeries Apex Pro TKL8
14Corsair K-70 RGB7
15Fnatic Gear Streak6
16HyperX Alloy FPS RGB6
17SteelSeries APEX M750 TKL6
18SteelSeries Apex Pro6
19Zowie Celeritas II6
20Cooler Master Storm Rapid-i5
CSGO 海外プロ使用キーボード TOP20

Apex Pro TKLの順位は高くはないですが、同じ OmniPointメカニカルスイッチを採用しているApex Proの使用人数を足すと6位(14人)となります。

このランキングを基にCSGOの海外プロの平均的なアクチエーションポイントを算出したいと思います。

1-1.CSGO海外プロ使用キーボードの平均的なアクチエーションポイント

順位キーボード名人数キースイッチAP(mm)
1HyperX Alloy FPS50Cherry MX Red2
2Xtrfy K2-RGB27Kailh 赤軸 RGB2.2
3HyperX Alloy FPS Pro19Cherry MX Red2
4Logitech G Pro Mechanical Keyboard15Romer-Gタクタイル1.5
5Razer BlackWidow X Chroma ME15RAZER イエロースイッチ1.2
6Logitech G51312GX REDリニア スイッチ1.9
7HyperX Alloy Elite11Cherry MX Red2
8Logitech G Pro X Mechanical Keyboard11GX REDリニア スイッチ1.9
9Xtrfy K2-RGB White Edition11Kailh 赤軸 RGB2.2
10SteelSeries Apex M50010Cherry MX Red1.9
11Razer BlackWidow Chroma TE V29RAZER イエロースイッチ1.2
12SteelSeries 6Gv28CherryTM Red switches2
13SteelSeries Apex Pro TKL8OmniPointメカニカルスイッチ0.4
14Corsair K-70 RGB7Cherry MX Red2
15Fnatic Gear Streak6Cherry MX Red2
16HyperX Alloy FPS RGB6Kailh Silver Speed1.1
17SteelSeries APEX M750 TKL6QX22
18SteelSeries Apex Pro6OmniPointメカニカルスイッチ0.4
19Zowie Celeritas II6ZF Electronics Red2
20Cooler Master Storm Rapid-i5Cherry MX Red2
平均1.695
HyperX Alloy FPSといったような、複数のキースイッチモデルが存在するキーボードは便宜上、アクチュエーションポインが最も浅い軸を記載しています。

CSGOの海外プロ使用キーボードの平均的なアクチエーションポイントは=約1.7mmとなりました。

もちろん「選手が使用するデバイス≠選手が使いたいキーボード」、ですが
CSGOの競技シーンにおいて、アクチュエーションポイントの浅さはそこまで重要視されていないことがわかると思います。

あくまでゲームを快適にプレイする分には「0.4㎜のアクチュエーションポイントは過剰」であり、コスパが悪いと判断した理由の一つとなります。

イルミネーション機能が微妙

コスパが悪いと判断した理由の二つ目はイルミネーション機能があまりよくないから、です。

APEX PRO TKLのイルミネーションの変更は統合管理ソフトの「SteelSeriesEngine3」より行えます。

イルミネーション変更画面

標準で用意されているプリセットは11種と比較的多い部類ですが、
なんか割とどれもダサいんです・・・w

プリセット①「ゴーストチェイス」
ピンク黄色 が横へ流れていくようなイルミネーションですが、
何故か黄色だけ極太ですw

青、オレンジはちょうどいい幅なのに
黄色だけ極太w

プリセット②「エレクトリックオレンジ」
→赤とオレンジが交互にイルミネーションされるだけ

赤とオレンジが交互にイルミネーション

プリセット③「かすみ」

5秒ほど一色 → そこから急にピンク水色 → また一色5秒
(このプリセットのコンセプトがよくわからないですw)

しばらく紫一色
そこから急に三色展開

プリセット④「プリズム」
→オーソドックスな各色横に流れるプリセット

イルミネーションの綺麗さ、設定のバリエーションの多さでいえばCorsair製のゲーミングキーボードのほうが優秀と感じてしまいました。

OLED (ディスプレイ)機能はあくまでおまけ

APEX PRO TKLには任意のGIF画像を表示されることのできるOLEDディスプレイが搭載されています。

私は標準のSteelSeriesロゴから変更していません。

このOLEDディスプレイにうまく機能性を持たせることができればよかったのですが、私には方法やいい案が思いつかず、結局デフォルトのSteelSeriesのロゴ表示から変更していません。

案として、Discordの通知を表示させるような機能をOLEDディスプレイに持たせることができないか、など考えましたが、結局キーボードのこの部分に視線をやるシーンは少なく、また方法もありませんでした。

例えばこのディスプレイがタッチパッド機能がついていて、よく使うショートカットなどを登録でき、タッチすることでショートカットを起動できる、といったような機能があればまだ活用シーンがあったのかなと思います。

またこの個所に本来配置されるはずの「PrintScreen」「ScrollLock」「Pause」の3キーが廃止されています。

「PrintScreen」キーはゲーム中のスクリーンショットを撮影するのに必要なキーなため、廃止されると困る面もあるかと思います。

よくスクリーンショットを撮影するかたは、SteelEngine3でキー設定を変更してもいいかもしれません。

打鍵音

同じリニアタイプのキーと比較すると、打鍵音は少し甲高い音でやや耳につく感じがします。

打鍵音をダイナミックマイクで収録してみました。

まとめ

コスパが悪いと判断したポイントをまとめたいと思います。

  • FPSの競技シーンにおいて、アクチュエーションポイントはさほど重要ではない
  • イルミネーション機能が他社と比較して残念
  • OLED機能に目立った有用性がない
  • 88キーという微妙なキー数
  • 1万円台で十分優秀なゲーミングキーボードが多数存在する

個人的には最後の1万円台で十分優秀なゲーミングキーボードが多数存在するはかなり重要だと思っています。

2万5千円という高価なキーボードのわりに得られる恩恵が少ないと感じているためです。

そのため、APEX PRO TKLのデザインが好きだけど、購入を迷っている方には、
同じデザインで、廉価版のモデルがSteelSeriesより発売されているため、そちらの購入をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました